国際ロータリー2610地区 加賀中央ロータリークラブ

国際ロータリー2610地区 加賀中央ロータリークラブ

加賀中央ロータリークラブ

ロータリークラブ

 

ロータリークラブとは加賀中央ロータリークラブ 2021-2022クラブターゲット【『Again』~つなげよう 明日へ~】

他人に対する思いやりと、他人のためにつくすことである。
ロータリアンは、地域社会をより良くする努力を通して他人のために奉仕し、ビジネスと専門職務における道徳的水準を高め、各国の人々の聞にも知識と理解の懸け橋を築いて世界平和の大義を推進することを目指 している。
超我の奉仕。

 

第43代 会長
永山 信也

加賀中央RC 永山 信也(ながやま しんや) 

2022-2023年度 加賀中央RC 会長 永山 信也(ながやま しんや)

この度、第43代加賀中央ロータリークラブの会長を拝任させて頂く事になりました。
微力ではありますが全身全霊、1年間頑張りたいと思います。

この3年、先の見えない新型コロナウイルスの蔓延で例会はままならず、行事や事業、そして会員相互の親睦を深めることも出来ず、フラストレーションのたまる日が続きました。
また、有望な会員の退会や、お亡くなりになった会員など、入会頂いた会員数を上回り減少状態が続いております。
そのような中でのクラブの発展を存続できる様、先ずは会員増強にクラブ一丸となって努めて参りたいと思います。

さて今年度、私は『3つのC』をテーマにクラブ活動を展開したいと思います。
『1つ目のC』は、チャレンジ(challenge)。
どの様な場面、境遇や環境下にあっても行動を起こす時、失敗を恐れず行事や事業に対し、単なる消化事業でなくマンネリ化した気持ちを排除し、新たなやる気をもって行きたいと思います。
その中で修正すべき処は改革して行かなければなりません。
それが『2つ目のC』チェンジ(change)です。
また会員数に相応した、そして会員平均年齢も考慮しながら思い切った見直し、長年継続事業にもあえて中止も辞さない位の気持ちをもって対処したいと思います。

何か後退的に思われるかもしれませんが、逆に残された事業には今まで以上に新鮮な気持ちで挑戦出来るはずです。
それが『3つ目のC』チャンス(chance)です。
例えば他のクラブや色々な団体との出会いーこれも相手のあることですが、友好な関係、考え方に同感や共感出来る団体や、一部行動を共に出来る人達と出会えればそれはチャンス(Chance)です。
新たな出会いに友好関係が芽生えれば、それ以上に新しい共同事業が出来るかもしれません。

 以上『3つのC』の精神を1年間通して活動して行きたいと思います。
そして、この思いを込めて、クラブターゲットを『Believe the future』(明日を信じて)とさせて頂きます。

これからの1年、よろしくお願い致します。

 

更新記録

 

Copyright(C) 2022 Rotary Club of KAGA CHUO All Rights Reserved.