ホーム新着情報ガバナーマンスリー2610地区クラブ一覧ロータリーとはお問い合わせ

ホーム > 新着情報一覧

2610地区の活動報告
トピックス地区委員会クラブ情報ガバナー事務所情報ガバナーエレクト事務所情報

2014/6/12  トピックス

ハイライトよねやま171号

★ ハ イ ラ イ ト よ ね や ま 171号 ★  2014年6月12日発行
 ………………………………………………………………………


 
::今月のトピックス:: 
 
------------------
 
1.寄付金速報 ― 今年度最後のご支援をお願いします! ―
 
2.理事会開催報告 ― 来年4月採用数は720人 ―
 
3.現役奨学生が外務大臣賞! ― 第2690地区 ―
 
4.学友が盲学校の生徒たちと交流 ― 第2530地区 ―
 
5.帰国学友の歓迎会を開催 ― 韓国米山学友会 ―
 
6.足利市国際交流協会で学友が記念講演
 




《今月のピックアップ記事》
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
3.現役奨学生が外務大臣賞! ― 第2690地区 ―
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
「第55回 外国人による日本語弁論大会」(主催:国際交流基金

国際教育振興会、松江市)が5月24日、島根県松江市で開催され

島根大学生物資源学部に在籍する現役米山奨学生

何暁恩(カ ギョウオン)さん(中国/松江RC)が最優秀の外務大臣

を受賞しました。
 


今大会では、97人の応募者の中から予選を勝ち抜いた12人が出場

何さんは「育爺時代の幕開け」をテーマに、自身が祖父母に育てられ

経験とその功罪について発表しました。
 


大会の模様は 7月12日(土)15時~16時 NHK Eテレで放送予

です(変更の場合もあり)。ぜひご覧ください





 【何暁恩さんからのメッセージ】
 
⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
 
授賞は夢のようです。人と人との絆が強い松江で、充実した留

生活を送っています。ロータリアンの方々、大学の教職員や先輩

そして何より祖父母に感謝したいです。現在は微生物を専門

研究しています。将来は、自分の専門や職業を通して日本社会

貢献できるようになりたいです





その他の記事は、ぜひPDF版をご覧ください。
 
→ http://www.rotary-yoneyama.or.jp/summary/pdf/highlight171_pdf.pdf
 
 

2610地区を知る
国際奉仕 国際奉仕

その国の習慣・文化を学び、国際理解と親善を推進する人物を育てます。

社会奉仕 社会奉仕

地域社会の一員として、ロータリークラブは地域の人々と共に地域社会のために活動しています。

職業奉仕 職業奉仕

ロータリアン同士が切磋琢磨し職業倫理の向上に努める。ロータリーにおいての職業奉仕の基本です。

クラブ奉仕 クラブ奉仕

私たちロータリアンは様々な活動を通して社会の質を高め、模範となるような活動を行います。

青少年奉仕
青少年奉仕 青少年奉仕 青少年奉仕

ロ新世代を担う青少年の健全育成は、社会全体にとって重要な課題です。

トップヘ