ホーム新着情報ガバナーマンスリー2610地区クラブ一覧ロータリーとはお問い合わせ

ホーム > 新着情報一覧

2610地区の活動報告
トピックス地区委員会クラブ情報ガバナー事務所情報ガバナーエレクト事務所情報

2013/6/17  クラブ情報

南砺RC創立45周年を迎えて

 1968年に38名のメンバーで発足した南砺ロータリークラブはこのほど創立45周年を迎え、今では会員55名、うち創立会員2名が在籍しています。創立以来の新世代奉仕の方針にもとづき提唱したインターアクト、ローターアクトが息の長い活動を続けて、地域社会に有為な人材を送り出してきたことは当クラブの誇りです。またクラブ内には経済金融、写真、野球、ゴルフ、民謡、旅行の同好会があり会員の親睦に役立っています。さる5月25日記念式典を開催し中尾ガバナーはじめご来賓からお祝いや励ましのお言葉をいただき、「50年に向って続けよう、変えよう、楽しもうロータリー」(45周年テーマ)と決意を新たにいたしました。
 当クラブの地域は自然豊かな里山に囲まれています。富山県のレッドデータブックに絶滅危惧種として登録された秋の花リンドウの回復をめざしてこの10年間バイオでふやした苗を、会員総出で自生地附近に植え続けてきました。今回の創立45周年記念事業として、この「リンドウプロジェクト」に加えてこれも絶滅危惧種であり地元でも年年減少しているオミナエシをとりあげ、小矢部園芸高等学校生徒の協力で自生種の種子から用意した苗を5月7日に会員と地元ナチュラリストが協力して、立野原桜ヶ池の自生地周辺に植え込みました。秋にはリンドウの青い釣鐘型の花と、「秋の七草」とたたえられたオミナエシの鮮黄色のカラカサ形の花が咲き交る風景がみられることでしょう。これらの自生地復活プロジェクトは今後も地道に続け、ささやかでも里山の自然環境整備の啓蒙に貢献して行きたいと考えます。

南砺RC 会長 中田 修

2610地区を知る
国際奉仕 国際奉仕

その国の習慣・文化を学び、国際理解と親善を推進する人物を育てます。

社会奉仕 社会奉仕

地域社会の一員として、ロータリークラブは地域の人々と共に地域社会のために活動しています。

職業奉仕 職業奉仕

ロータリアン同士が切磋琢磨し職業倫理の向上に努める。ロータリーにおいての職業奉仕の基本です。

クラブ奉仕 クラブ奉仕

私たちロータリアンは様々な活動を通して社会の質を高め、模範となるような活動を行います。

青少年奉仕
青少年奉仕 青少年奉仕 青少年奉仕

ロ新世代を担う青少年の健全育成は、社会全体にとって重要な課題です。

トップヘ