ホーム新着情報ガバナーマンスリー2610地区クラブ一覧ロータリーとはお問い合わせ

ホーム > 新着情報一覧

2610地区の活動報告
トピックス地区委員会クラブ情報ガバナー事務所情報ガバナーエレクト事務所情報

2013/7/11  クラブ情報

高岡万葉RC 史上初のスタンドインホームランを記念して

 6月2日に阪神甲子園球場で行われました「第30回全国ロータリークラブ野球大会」3日目第2試合に、高岡万葉RC対前橋RCの試合が行われました。その試合で我がチームの稲谷嘉則君が、レフトスタンドにスタンドインのホームランを放ちました。
 後日、大会事務局からは、スタンドインのホームランは大会史上初とのことで、大会コミッショナー名で認定登録第一号の「認定証」が届きました。大会規定には年齢制限があり、選手は満40歳以上、投手のみ満45歳以上となっていて、稲谷嘉則君は満47歳でやり遂げました。過去には、元プロ野球選手や社会人野球経験者の方も出場したことがあるとのことですが、一度もスタンドインのホームランはなかったそうです。
 本人も高校時代は甲子園を夢見た高校球児でしたが、甲子園出場はかなわず、一度もホームランを打ったことがないそうです。それなのに47歳になって、しかも軟式ボールで打ったということは、いかにすごいことであるかを物語っています。
 また、スタンドインのホームランを打つためには、ピッチャーの投げたボールに相当の球威がなければできないことであり、対戦相手である前橋RCのエース岡部投手の直球が、満60歳にもかかわらず力強い球であったということでした。
 この大会は試合の前日には前夜祭が行われ、全チームがそれぞれチーム紹介をする催しがあり、地域自慢やPRをするイベントも楽しみのひとつとなっています。試合後、前橋RCの人たちも稲谷君を大変祝福してくださり、ロータリーの熱い友情を感じることができました。大会の永遠のテーマは「野球を通じて親睦の輪を拡げよう」であります。このホームランが描いたアーチが両クラブの親睦の架け橋となったとすればこんなに嬉しいことはございません。
 さらに、地元の新聞社が、大会第一号ホームランの記事を写真入りで大きく取り上げてくれ、会員増強に結び付く広報活動に繋げることができました。今後もこの大会が益々盛り上がり、野球を愛するロータリアンが一人でも多く増えますことを望んでやみません。
 稲谷君は2013-14年度の会長であり、来年4月には25周年を迎える記念の年度ですが、新年度を迎えるに当たり、これ以上ない門出を祝うことができました。
ホームラン 万歳!!

高岡万葉RC野球同好会
通称 星野仙一監督 喜多 進

2610地区を知る
国際奉仕 国際奉仕

その国の習慣・文化を学び、国際理解と親善を推進する人物を育てます。

社会奉仕 社会奉仕

地域社会の一員として、ロータリークラブは地域の人々と共に地域社会のために活動しています。

職業奉仕 職業奉仕

ロータリアン同士が切磋琢磨し職業倫理の向上に努める。ロータリーにおいての職業奉仕の基本です。

クラブ奉仕 クラブ奉仕

私たちロータリアンは様々な活動を通して社会の質を高め、模範となるような活動を行います。

青少年奉仕
青少年奉仕 青少年奉仕 青少年奉仕

ロ新世代を担う青少年の健全育成は、社会全体にとって重要な課題です。

トップヘ